メンバー紹介

  • ① 研究員:研究所に所属して研究をはじめとして様々な研究所業務を担います。
  • ② 準研究員:職員として職場に所属して日常業務に携わりながら、定期的に研究所に来て研究に参加します。将来は研究員への昇格を目指しており、学位のない準研究員は大学院への進学も検討します。
  • ③ 研究協力員:職員として職場に所属して日常業務に携わりながら、あるいは地域の組合員として医療生協活動に参加しながら、特定の研究の研究期間だけ研究に協力します。研究内容により、職員から募集したり、組合員から募集したりします。

準研究員は、毎年定められた期間で募集と採用試験を行っています。
研究員採用情報は、研究所の活動のページをご覧ください。現在は、空席となっています。

研究協力員は、適宜定められた期間で募集と採用試験を行っています。

高石 光雄 所長

高石 光雄 所長

プロフィール

出身地
山梨県北杜市白州町(甲州街道信州往還台ヶ原宿)
最終学歴
新潟大学医学部卒
専門分野
消化器内科(消化器病専門医)
所属学会
・日本内科学会 ・日本消化器病学会
・日本糖尿病学会 ・日本感染症学会
・日本インターベンショナルラジオロジー学会
・日本リハビリテーション医学会
・日本緩和医療学会 ・医療の質・安全学会
・日本腹部放射線学会
趣味や楽しみなこと
医学生時代はフォークギター、医師になって20 年は多忙で無趣味、15 年前から10 年間は海外に行くたびに主に刺繍入りT シャツを買ってきては仕事着として着用、5 年前からは国内外の演奏会や劇場や美術館などに行くようになり、昨年からは全く興味のなかったオペラやオペレッタに急に関心を持つようになる。
これまでの活動
ひたすら臨床医としての社会貢献を目指して活動し、20 年ほど前からは患者の権利に興味を持って学びながら、いろいろな場所で講演をしたりしていた。通算20 年間は院長職を経験したため、診療所・中小病院・大病院と様々な医療機関の管理職業務も多かった。
これからの活動
院長職を辞してから新たに研究所長としての任務に就いたので、まずは研究所の基礎固めを中心に、県内各地に20 万人以上いる医療生活協同組合の組合員のできるだけ多くの人々に、学ぶことの楽しさを伝えていきたい。
PDF高石所長の研究・教育活動・社会貢献
医療生協さいたま 地域社会と健康研究所

組合員向け情報 出前講座のご案内

医学や医療に関すること、医療生協に関することをもっと専門的に学術的に深めたい、日常的な健康づくり活動に生かせる方法を学びたいなどの組合員からの要望に応えて、組合員向け情報 出前講座のご案内研究所が全県どこの地域へでも出張して開催して います。組合員の皆様からの開催希望の申し込みをお待ちしています。

組合員向け情報 出前講座のご案内
職員向け情報 教育研修のご紹介

当法人所属の職員には、講師希望があれば種々の形式や内容で実施していますので、研究所にご相談ください。

医療生協さいたまの紹介