活動計画

2017年度の重点課題

共同研究の継続。HPH活動への提言を行う。新たな研究テーマの検討に着手する。

事業別年度計画

① 保健、医療、介護の事業および労働に関する調査、研究、開発
・企業との共同研究契約を延長して、トイレの自立支援および介助負担軽減補助具の開発を進める。
・健康行動と健康教育に関する理論やモデル・先行研究からHPH活動への提言を行う。
・組合員の健康づくりの科学的評価に関する研究テーマの検討を開始する。
② 組合員および職員への教育的支援、研修
(組合員対象)
・健康づくり活動のまとめ方と発表方法に関する教育的支援を行う。
・出前講座は継続しつつ、シリーズを増やしていく。
(職員対象)
・統計学や公衆衛生学に関する職員向け講座を開催する。
・県連学術運動交流集会で分科会企画を主催する。
・職員の実践報告と研究への教育的支援を行う。
③ 他の研究機関や教育機関などとの学術的交流および共同研究
④ 調査、研究の成果報告、情報公開
・研究所関連情報の組合員への広報を強める。
・研究所関連情報の職員への広報を強める。
・ホームページの更新は適宜行う。
・年度末に報告書を発行する。

研究体制や研究施設の充実

・法人職員の中から研究所を担う人材を発掘する。
・図書の整備を行う。
・研究所の場所の確保を追求する。
・研究に必要な学会や研修会や研究会などに参加する。

社会貢献

・法人外からの講演依頼や講師依頼に可能な範囲で対応する。
・学会役員就任や学会運営に関する協力依頼に対応する。
・学会投稿論文の査読を行う。

中期計画課題

・研究所の役割と将来的な体制について法人幹部とともに検討する機会を持つ。

医療生協さいたま 地域社会と健康研究所

組合員向け情報 出前講座のご案内

医学や医療に関すること、医療生協に関することをもっと専門的に学術的に深めたい、日常的な健康づくり活動に生かせる方法を学びたいなどの組合員からの要望に応えて、組合員向け情報 出前講座のご案内研究所が全県どこの地域へでも出張して開催して います。組合員の皆様からの開催希望の申し込みをお待ちしています。

組合員向け情報 出前講座のご案内
職員向け情報 教育研修のご紹介

当法人所属の職員には、講師希望があれば種々の形式や内容で実施していますので、研究所にご相談ください。

医療生協さいたまの紹介